読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【おそとのええとこ】 一人旅初心者の旅支度4STEP(2)

▼ これまでの記事

【おそとのええとこ】 一人旅初心者の旅支度4STEP(1) - ひとひろ

f:id:koucredo:20160105235727j:plain

軽率におでかけをするための旅支度、前回は目的地を決めました。
目的地が決まればもう大丈夫!と今なら思えるのですが、なかなかそうはいかないですよね。
旅行へ行けない原因として「時間がない」と感じていたことがありました。
「週末に軽率に、ちょっと遠くへ出かけてみる」
今回は、STEP2「予約をする」についてです。

ボタンを押す勇気を!

予約をする際にはいつも、本当にここで予約して大丈夫かな?と迷ってしまいます。
まず、予約しなければならないものの確認から。

  • 往復の交通手段
  • 宿泊先
  • (あれば)現地での施設やイベント

交通手段は色んなツールで情報収集

お宿も大事ですが、交通手段のベストな選択肢を考えることが大事です。
時間を優先するのか? 交通費を節約するのか?
フリーパスや往復割引など、色々ありますので情報を集めてみてください。
ネットは細かい情報を集めるのに便利。
ガイドブックは地図などで目で見てスッキリ理解するのに便利です。

ちなみに今回決めた目的地は、夜行便のバス一本のみだったので、必然的にバスを利用することになりました。
新幹線もありましたが、宿泊地までさらに電車に乗る必要があったのが決め手です。

目的地(観光したい地域)と宿泊地とのアクセスは重要です。
さくっとチェックインできたり、事前に荷物を預けられたりするので、気が楽になりますよ。

宿泊先を選ぶときは☆にとらわれず

交通手段と宿泊先の予約の順番は臨機応変に。
宿泊先についてはアメニティや周辺施設の情報を仕入れておくと、現地での動き方にもゆとりが出ます。
特にアメニティは持ち物を減らすためにも要チェック。
周辺施設、特にコンビニや飲食店の情報は口コミに記載されていることが多いので、しっかり比較してみてください。

でも口コミだけが全てではないので、ある程度腹が決まったらえいやっとボタンを押す勇気も大事です。

予約でやっておきたいこと

  1. 使うサイトはできるだけ少なくする
  2. 予約確認メールはその場でスケジュール帳に追加

たくさんの旅行サイトがありますが、アカウントを増やすと失敗にも繋がります。
実際に、しばらく使っていないアカウントでバスを予約した際に、メールアドレスの変更が漏れていたため、予約を失敗していたという恐ろしい事件を起こしました。

また、予約でポイントが付く場合も多いので、サイトをしぼることで効率よく貯めて、次の旅行に使いましょう!
楽天カードを利用しているため、旅支度は楽天トラベル経由で予約、カード決済でポイントを貯めるようにしています。

予約をすると確認メールが来ますが、リマインド的に何度も来たりして埋もれてしまうことも。
オススメなのが、最初にメールが来た時点でスケジュールアプリに追加すること。
iPhoneならば自動的にカレンダーに予定を追加してくれます。
バスの出発時間やチェックインの時刻なども一覧で確認できるので便利です。
そのときにメモ部分に、予約番号や席番号など必要な情報を転記しておくといちいちメールを確認しなくても大丈夫です。

最後に、ゲストハウスの場合は旅行サイトへの掲載よりも、ホームページでの予約であることが多いです。
予約関連の場合は、電話で直接ご連絡をしたほうが早いこともあります。

さあ、無事に交通手段と宿泊先を確保できました。
STEP3「プランを練る」もゆるゆると準備してゆきましょう。
読んでいただき、ありがとうございました。

 

ゆのじ

 

広告を非表示にする