読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【もちもの】 歴史と文化を織り込んで

テーブルの上にいつも置いてあって、なんとなく当たり前の存在。
私にとってのふきんは、日常取り立てて気にすることもない存在でした。
なくなったら不便だな、くらいの。

f:id:koucredo:20160131172955j:plain

奈良の蚊帳ふきん

学生時代、奈良の文化を色々知る機会がありました。
そのとき初めて、蚊帳やふきんが奈良の特産品であることを知りました。

奈良のふきんにはたくさんのブランドがあります。
その中でもよく目にするブランドが2つ。
それは中川政七商店の「花ふきん」と垣谷繊維の「白雪ふきん」です。
どちらも有名で、奈良だけでなく全国の様々なお店で取り扱いがあります。
ふきんの自分なりの使い方について、紹介します。

お風呂のお供に使う

食器を拭いたり、台拭きにしたり。
ふきんの使用法を考えてみると、大体そういった考えが出てくるのではないでしょうか。
私はふきんを、お風呂で使っています。

hitohiro.hatenablog.com

全身を洗うとき、洗顔するとき。
石鹸を泡立てて、ボディタオル代わりに使っています。
肌に優しいのでお気に入りです。
お風呂から出る前に全身の水気を拭うことができるので、バスタオルを断捨離することもできました。

「花ふきん」も「白雪ふきん」も入浴時に試したのですが、白雪の方がふわふわ厚手で肌には優しそうです。
花ふきんは角質を落とすのにほどよい硬さで、水切れがとてもよいのがメリット。
生地の重なり具合が違うので、お好みで使い分けてみることを勧めます。

掃除でも大活躍

毎日使っていると生地がへたってきてしまいますが、ふきんはお掃除にも最適。
雑巾として使えば、最後まで活用することができます。
ほどよいサイズ感なので、手にも馴染みます。

プチギフトに最適

そして、ふきんは大体500円以下で購入できるので、ささやかな贈り物に最適です。
どのブランドも色柄をたくさん取り揃えているので、選ぶ喜びもひとしお。

最近では、中川政七商店が各地域とのコラボふきんを販売しているので、お土産としても活用しています。
むしろまんまと踊らされている気がします。

https://www.instagram.com/p/-5EUF6Db1g/

次はどの子にしましょうか。#中川政七商店 #かやふきん #出雲 #宇治 #お土産 #ふきん

旅先でお土産を買い過ぎないようにしているのですが、こればっかりはついつい集めてしまいます。
先日も友人から大宰府のふきんをいただきましたが、とっても嬉しかったです。
日常を少しアップグレードする、素敵なアイテムとして。
奈良のふきん、オススメです。
読んでいただき、ありがとうございました。

お題「ついつい集めてしまうもの」

 

ゆのじ

広告を非表示にする