ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【ゆるゆる改造計画】 わたしアップデート(3) 【パーソナルカラー診断】

 ▼ 骨格診断・印象診断はこちら

hitohiro.hatenablog.com

hitohiro.hatenablog.com

二つの診断を受けたことで、3✕13=39分の1まで自分のタイプを絞ることができました。
アップデートするために「似合う」 を知る計画、今度はパーソナルカラー診断です。

f:id:koucredo:20160214220756j:plain

パーソナルカラー診断

肌の色がブルーベースであることとから、自己診断はサマーかウィンターでした。

  • 寒色は比較的何でも似合う
  • パステルカラーは寒色以外苦手
  • ベージュが壊滅的に似合わない
  • 好きな色はピーコックブルー・紺色

その他に、事前に感じていた要素はこのような感じです。
自分の好きな色が似合わなかったらどうしようと思いつつ、この冬買ったピーコックブルーのスカートを着て診断に臨みました。

鏡の前で4分類のシーズンカラーの布をそれぞれ当ててもらうのですが、これが衝撃!
布をめくられる度に自分の顔が変わるのです。
サマー→オータム→スプリング→ウィンターの順に当ててもらいました。
特に最初にめくって、オータムが顔に来るときの変化が劇的でした。
顔色がすごく悪く見えてしまうのです。
途中からは「もうオータム来るのが怖いです!」とアドバイザーさんに宣言する始末でした。
ノリの良い方だったので「ふふふ、きましたよ~」と楽しく合わせてもらええました。

詳しい順番は忘れましたが、赤系から始めて2~3色目にはサマーかウィンターですねと言われました。
一通りの色相を試し、今度は彩度の違う布を当てます。
そうして出た診断結果は「サマー」でした。予想通り!

奥深き色の世界

どうしても、手放せないコートがあります。
ロイヤルパープルのAラインのコートで、結構派手な色味。
でもそれを着ると、不思議と上品で綺麗に見えるような気がするのです。
(冠位十二階の高貴なコートと自称しています)

サマーの診断が出た後、ウィンターの布もたくさん試していただきました。
たまにはっとするほど顔色が綺麗に見える色があったのですが、それがお気に入りのコートの色だったり。
黒や赤の濃いものには少し負けてしまいますが、ウィンターも似合うと言っていただけました。
したがって、セカンドシーズンは「ウィンター」になりました。
また、ことに寒色に関してはどのタイプでも似合うようです。
自己診断はあながち間違ってはいなかったようでした。
最終的には、サマーに加えてはっきりした色が似合う「クール」という分類に落ち着きました。

パレットを広げて

セカンドシーズンがない場合も含めると、カラー診断は12分類に分かれます。
けれども印象診断と同じように、結果に縛られすぎてはいけません。
私も今回の結果は、ちょっと人生をうきうきさせる要素として捉えることにしました。
サマーばかり着るのではなく、ウィンターと合わせたりしておしゃれを楽しもうと思います!
自分のパレットが明るく、広がったような気持ちになりました。

まずは春が来るのが、楽しみです。
まっさらな気持ちで、ワードローブを考えてゆきたいな。
診断を受けてから少し洋服を整理したので、そのあたりもご紹介できたらと思います。

違和感を解決したり、しっくり納得するために。
パーソナルカラー診断、オススメです。
読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ

広告を非表示にする