ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【おそとのええとこ】 今年見つけた4つの小さな春スポット 【奈良】

今年の春のテーマは「花を愛でる」でした

春は生活の節目ということもあって、毎年バタバタしがちです。
今年の春はテーマを設けて過ごしてみました。
お仕事・生活についてはまた別の機会に振り返ることにして、今日はこの春に得たものを少しだけご紹介します。
結果的には3~4月のほぼ毎週末に、春を味わう時間を作ることができました。

奈良のええとこをより発信したい「ひとひろ」として……
今年見つけた小さな春スポットをご紹介します。

春を告げる枝垂れ桜(奈良市・氷室神社/3月末)

奈良一番桜ともうたわれる、氷室神社の枝垂れ桜。
おでかけした日はまだ少し肌寒かったのですが、青空に桜色が映えていて美しかったです。

f:id:koucredo:20160426203952j:plain

 

f:id:koucredo:20160426204018j:plain

氷室神社はその名の通り、氷にちなんだイベントが有名。
けれどもまだ暑くなる前にも、しあわせを見つけることができました。

お城を包む桜にも、春の気配(大和郡山/3月末)

桜まつりのはじまりだったこともあり、まだ桜はほとんど咲いていませんでしたが、そこかしこに春の気配が立ちこめていました。
今度は満開になった様子を、満喫しにゆきたいです。

f:id:koucredo:20160426204047j:plain

f:id:koucredo:20160426204100j:plain

f:id:koucredo:20160426204120j:plain

hitohiro.hatenablog.com

大和郡山訪問の記事はまた別に。

桜と一緒に、奈良を眺める(桜井市大神神社/4月上旬)

おそらくこの春で一番満開だったのが、このとき見た桜。
大神神社から久延彦神社へ抜けていく際の展望台が、最高にええとこでした。

f:id:koucredo:20160426204258j:plain

f:id:koucredo:20160426204323j:plain

f:id:koucredo:20160426204335j:plain

薄紅に包まれながら、奈良を一望する。
この日もくっきりと澄んだ晴天で、しあわせな時間を過ごすことができました。

hitohiro.hatenablog.com

冬に大神神社を訪れたときとは、また全然違った表情でした。

桜を散らす風、穏やかな時間(宇陀市春日神社/4月上旬)

宇陀といえば又兵衛桜ですが、そちらはまたいつかに。
古い町並みから少し入ったところにある、春日神社へ至る道にて。

f:id:koucredo:20160426204415j:plain

f:id:koucredo:20160426204928j:plain

f:id:koucredo:20160426204934j:plain

はらはらと舞う桜、町並みに流れる穏やかな時間。
思わず童心に帰って、花びらをつかもうとはしゃいでしまったのもよい想い出です。

f:id:koucredo:20160426211553j:plain

でも一番のお気に入りは、この出オチでしかない由緒なんですけれどもね。
「由緒」やのに「分からない」のかい!と大笑いしました。

初夏に向けて、探しものを考える

お花見スポット!と宣伝するよりもささやかですが、どこもお気に入りの場所になりました。

残念ですが、桜の季節はもう終わり。
けれどもまだまだ、巡る季節の中には探してみたいものがあります。
初夏は大好きなバラが咲き始めるので、また公園を巡ってみようかなと思っています。
「花を愛でる」心を忘れずに。
次の季節も、楽しみでなりません。
読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ

広告を非表示にする