ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【ゆるゆる改造計画】 「選択」をできるようになる

悩むのが趣味なんですか? とたまに自問自答。
そのくらい、日々色んなことに悩んでしまいます。
少しずつでいいから、そんな自分を変えてゆきたいと思ってやみません。
最近、「選択」について考えています。

f:id:koucredo:20160509221400j:plain

良くも悪くもマイペース

幼少期からとにかく、優柔不断です。
些細なことに悩んで、悩んで、結局機を逃してばかり。
買い物でも「本当に必要?」と悩んでいるうちに、結局欲しいものを手に入れられないことが、よく起こります。

単に優柔不断なだけでもなく、物事を考えるスピードがとても遅くて。
「何を食べたいか?」「どこへ行きたいか?」
日常のささやかな「選択」の場面でも、うーんと悩んでしまいがち。
社会の時間の流れに、乗りきれていないなあと思う毎日です。
言葉のキャッチボールをしたいのに、考えこむせいでうまくゆかなかったり。
小さなことではありますが、もっと洗練できるような気がしています。

「選択」ができないのはなぜ?

「改造計画」のために、まずは足りないものを考えてみました。

  • 選択肢を絞るために思い切ること(=自信がない)
  • 選択肢のストック(=日々のまなざし不足)
  • 思考スピード(=処理能力・経験不足)

圧倒的に不足しているのは、この3つ。
成功経験が少ないため、慎重なふりをして躊躇してしまっているようです。
スピードは思い切りとストックを培って踏切台にすれば、いけそうな気もしますね。

改造計画「判断力・決断力を育てる」

本当は、落ち込み癖を改善したい。
だからこそ、きっかけになっている「選択」の問題に向き合ってみたいと思います。

 

  1. メニューの選択など、やり直し・くり返しができることは即決する
  2. 決断と軽率さは違う
    「欲しいものリスト」を活用して、思考をシンプルに
  3. 予定の前には「やりすぎない」作戦タイムを設ける

その日の昼食の選択を間違えても、別に次に好きなものを食べればいい。
やり直しやくり返しができることで、延々悩むのをやめます。
でも、決して軽はずみに動かないように。
「欲しいものリスト」を必ず通して考えることで、衝動買いも防ぎます。
そして、一番苦手な日々のストック作り。
つい、加減を忘れて色々準備して、結局うまくいかない……何度も繰り返してきた悲劇に泣かないためにも、「やりすぎない」をポイントにして。
行きたい場所・食べたいものを日頃からEvernoteにクリップする習慣をつけます。

見逃していたらもったいない!

断捨離をして、本当に必要なものを選択してゆく。
シンプルを探す生活には、そんな目的もあります。
実際、探し物をしなくなったり、洋服に迷わなくなったり……
「今自分のもとに必要か/なくても大丈夫か」
この思考を何度も繰り返すことで、少しずつ前が明るくなってきました。
小さな一歩を大切に。
「選択」に迷ってうつむくことで、大事なものを見逃してしまわないようにしたいです。
読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする