ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【おそとのええとこ】泥の中から未来を目指して【奈良-西ノ京・ロータスロード】

「一蓮托生」という言葉が昔から、好きです。
泥濘の中からすっと伸び、凛とした姿で咲く蓮。
あの澄んだ紅をどうしても拝みたい。

ロータスロードの蓮を見て浄土に近付きたい」

ちょっと雨降りだった頃に叶った、やりたいことのひとつのお話。

f:id:koucredo:20170811225832j:plain

「蓮を見て、浄土に近付きたい」

それは、今にも泣き出しそうな梅雨空の日でした。
薬師寺前に集合し、いざゆかん。
今回のおそとのええとこは、ロータスロードを巡りましょう。

yamatoji.nara-kankou.or.jp

ロータスロードとは、奈良・西ノ京エリアにある、喜光寺・唐招提寺薬師寺の三社を巡る道。
梅雨の季節に花開く、蓮を探訪する企画です。
(2017年は6月10日~8月16日まで開催しています)
ロータスロードの特別拝観券(3200円)を購入することで、以下の特典が。

この特別拝観券は、喜光寺・唐招提寺薬師寺の拝観受付ならびに、奈良市総合観光案内所・奈良まほろば館などで買い求めることができます。
なので、どこから攻めても大丈夫!
ということで、今回は薬師寺から北上するルートをとることに。
じめじめとした天気にも関わらず、同じ御朱印帳を持った人の姿もちらほら。

f:id:koucredo:20170811215811j:plain

薬師寺

f:id:koucredo:20170811215646j:plain
薬師寺、入ってすぐに並ぶ蓮!

ちょうど見頃の美しい姿でした。
教科書にある「薬師寺東塔」は工事中でしたが、伽藍建築の妙に感嘆しきり。

f:id:koucredo:20170811215931j:plain

f:id:koucredo:20170811215952j:plain
境内は本当に広いのでたっぷり楽しむことができますよ!

唐招提寺

f:id:koucredo:20170811220042j:plain

しかし、ここらですでに雲行きが怪しくなってきたので、名残惜しいですがてくてく歩いて唐招提寺に向かうことにします。
唐招提寺といえば、鑑真ゆかりのお寺。
歴史の時間を思い出して……日本に来るぞ!と何度もトライして、失明しても頑張ってやってきた、古の心を偲びます。
こちらも雰囲気のあるスポットがたくさん。

f:id:koucredo:20170811220108j:plain

大陸から伝わってきたままのカタチを残しているものがあったりと、どこか異国の趣も感ぜられる場所でした。
そうそう、蓮は境内の色々な場所にあるので、探しながらぐるりと歩いてみてください。

f:id:koucredo:20170811220510j:plain

また、唐招提寺は売店も充実していて素敵!
雑誌『ならめがね』の御朱印帳特集に、御朱印を入れる袋が載っていたのですが、実物を見たらときめきが止まらなくなってしまいました、なんて余談も。

Vol.06(2017年春号) | ならめがね

ロータスロードは、てくてく楽しい!

どんどん曇っていく梅雨空を眺めながら、残る喜光寺を目指して歩きます。
のんびりした道、奈良らしい風景がたまらない。
道中、大きな古墳が現れたのでついつい足を止め、田道間守の物語に涙。

f:id:koucredo:20170811220205j:plain

f:id:koucredo:20170811220253j:plain

田道間守 - Wikipedia

歩くのが大好きなので、ついつい寄り道してしまいますね。
同行者のにーさんも傘を片手に呆れ顔。
ロータスロード、結構いい距離があるので足が弱い方はご注意を!

喜光寺

悪天候だったこともあり、喜光寺に着いたときには思わず歓声を上げてしまいました。
陸橋の上からでも分かるほど、境内にはたくさんの蓮が並んでいます。

f:id:koucredo:20170811220333j:plain
紅に誘われるように、門をくぐって……雨の中、傘を放り出さん勢いで駆け寄ってしまいました。そのくらい、美しい光景。

f:id:koucredo:20170811220429j:plain

f:id:koucredo:20170811220420j:plain
ロータスロードの期間に合わせて、秘仏「宇賀神像」も公開されていました。
ちょっと怖くて、思わず「ごめんなさい」と全力で日頃の不肖ぶりを謝罪。
奥の休憩所ではお茶も用意されていて、まったりと過ごすことができます。

ハッピーバースデー! 鷽替え神事

いやはや満喫、と言いたいところですが。
この日(6月25日)は私にとって大切なイベントがありました。
敬愛する菅原道真の誕生日、ということで「鷽替え神事」に参加せねばならぬのです!

f:id:koucredo:20170811220940j:plain

f:id:koucredo:20170811221006j:plain
会場は喜光寺のすぐ近く、菅原天満宮
大雨の中、向かうと異様な熱気が。そして溢れかえる人、ひと、人!
神事に、どうしてこれほどまでの人が集まるのでしょう?

百聞は一見にしかず、まずは入口で木彫りのマイ鷽を買い求めましょう。
箱にはナンバリングがされています。

f:id:koucredo:20170811221027j:plain

マイ鷽には愛着が湧きますが、これからこの「うそ」をみんなで取り替えっこすることで「まこと」に変えてゆくのです。
年配の宮司さんのルール説明には、なんだかほっこり。
言い忘れて後ろから耳打ちでごにょごにょ、なんて場面もあったりして、アットホームな空気で会場にはすでに一体感がありました。

さあ、始めましょう!

「かえましょ かえましょ」
掛け声をみんなで掛けながら、雨除けのテントの中でぐるぐると……手にした鷽を交換していきます。
老若男女、向き合ったら笑顔で「かえましょ!」

f:id:koucredo:20170811221056j:plain

そうして手元に来た新たなマイ鷽。
抽選で番号を呼ばれ、見事手元の番号と一致したら豪華賞品を貰えます。
抽選のときもゆるい雰囲気で、終始笑いっぱなしでした。
商品が変わる度に「かえましょ」をするのですが、だんだんみんなが疲れてくるのが面白かったです。全力で楽しめた神事でした。
そうそう、私は道真公ゆかりの筆が欲しかったのですが、あえなく惨敗。 
最終的に手元にありがたい鷽ちゃんが来たので、大切に部屋に飾っています。

またあなたと、この蓮を 

f:id:koucredo:20170811220607j:plain

蓮の葉っぱって、水をころころと弾くのです。
それがなんとも言えぬ愛おしさを感じさせて。
雨の予報に肩を落としていましたが、雨だからこその眺めをたくさん見ることができました。
私のやりたいことを「やろう!」の一言で、雨の中付き合ってくれたにーさんに感謝。
一蓮托生。
またあなたと、何度でも蓮を眺めたいなと思った一日でした。
うそを、まことに。鷽に託した願いも、叶いますように。

https://www.instagram.com/p/BVw7u2GhH5Y/

雨の日には雨の日の楽しさを。#nara #narajapan #奈良 #大和 #古都 #観光 #おそとのええとこ #喜光寺 #ロータスロード #蓮 #梅雨 #雨 #傘 #rainyday

読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村