ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

【うましもの】ちいさいならをいただきます!【奈良カヌレ】

オフィスビルが立ち並ぶ、大阪・中之島エリア。
奈良の空の広さにも慣れつつある私は、いささかおのぼりさん状態で歩いていました。
川辺の寒さに身をすくめたのち、目の前に現れるのは、不思議な建物。
大阪市立科学館大阪市立美術館

癒やしを求めて、ひとりでプラネタリウムへ……(そして爆睡)
プラネタリウムの話は昔書いたので、今日はちいさいならのご紹介。
やっぱり、私はなら馬鹿です。へへ。

f:id:koucredo:20180104202343j:plain

シティでアーバンな場所に、奈良?

大阪市立科学館のすぐ隣、川沿いの道を100メートルほど行ったところから、おしゃれな気配が漂ってきます。
こちらが今回の目的地であるgrafさん。
デザイン・インテリアなど、様々なクリエイティブな活動をされている場所です。

www.graf-d3.com

カフェが併設されていて、明るく入りやすい空間ですが、ださださゆのじは、いささかどぎまぎ。
それでも勇気を出して行ったのは、これが欲しかったから!

f:id:koucredo:20180104202434j:plain

じゃん。奈良カヌレです。
奈良のカフェの代名詞の『くるみの木』さんと、grafさんのコラボ!
おしゃれでキュートなパッケージに、胸が高鳴ります。
今は大阪のgrafさんか、東京で開催されるイベント「ときのもりマルシェ」でしか購入することができません。
(先日奈良の天理で開催されたイベントでも販売されていたようですし、奈良での販売も予定されているようです)
「奈良✕かわいくておいしいもの」とあらば買いに行かねば!と謎の使命感にかられて求めにいってきました。

奈良のうまいもんをつめて

とにかく、開けたら撮影会。
口から「かわいい」としか出てこなくなる、このフォルム。たまらないですね。

f:id:koucredo:20180104202526j:plain

f:id:koucredo:20180104202541j:plain

お味も、もちろん奈良なんですよ。
奈良の名産品がひとつひとつにつまっています。
食べるのが本当に、もったいない!
でもおいしそう!と身もだえします。

  • きなこ(「小谷商店」大和郡山市
  • 柿の葉茶・茶葉(「柿の専門いしい」吉野村)
  • 柿の葉茶・柿の実(「柿の専門いしい」吉野村)
  • ほうじ茶・そばの実(「嘉兵衛本舗」吉野村・「玄」奈良市
  • ほうじ茶・奈良漬(「嘉兵衛本舗」吉野村・「今西清兵衛商店」奈良市
  • 和紅茶(「月ヶ瀬健康茶園」月ヶ瀬)

あと2つプレーンが入っているのですが、これまたふんわりラムが薫っておいしい。
どれも本命だったのですが、特に奈良漬が意外な風味でおいしかったです。
このブログの【うましもの】カテゴリ、「奈良にうまいもんなし」なんて嘘でしょと思って始めたのですが、まさにそんな想いが詰まった箱でした。

甘くて可愛いカヌレ、きっとお酒にも合いそうだなあ。
贈り物にも、自分へのとっておきのごほうびにも。
箱を開いたとき、口に運んだとき。
きっと、笑顔になれる、カヌレです。
ぜひぜひご賞味あれ!

f:id:koucredo:20180104203848j:plain

読んでいただき、ありがとうございました。

▼ちいさいならをぱくりとこちら

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村 

ゆのじ