ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

ひとひろ

【おそとのええとこ】ココロの隙間に花をうずめる【奈良-奈良市/佐保川の桜】

今年の春はずいぶん早く、桜の花が咲きました。
けれども都会に通勤する私が桜の姿を見かけるのは、奈良の通勤ルートのごくわずかなシーンです。
「ああ、咲いているなあ」
車窓からも桜は少し見えるはずなのに、ココロをなくして、うつむいて携帯を眺めていたばかりでした。

f:id:koucredo:20180401171933p:plain

よく晴れた日の話

大きな声ではいえない、ここだけの話。
どうしてもどう頑張っても起き上がれない日がありました。
罪悪感とともに得た、ぽっかりとしたいちにち。
ココロの中にはいろんな声がこだましていました。
でもそんな昼下がり、あまりにも窓の外がうららかだから、私は立ち上がりました。
ふらふらと何かに誘われるように、しばらく乗っていなかった自転車のサドルにまたがって。
そうして、あてどなく走り出したのです。

f:id:koucredo:20180401164705j:plain

f:id:koucredo:20180401164548j:plain

佐保川という川があります。
桜が美しいのは知っていたのですが、ここまで満開のときに目の当たりにするのは初めてでした。

長い長い、桜のトンネル。
小さい子も、おじいちゃんおばあちゃんも、みんなが足をとめてその美しい光景に見入っていました。

f:id:koucredo:20180401164837j:plain

f:id:koucredo:20180401164946j:plain

突き抜けるような青い空、ほのかに染まった花びら。
どこまで行っても続く夢のような景色に、思わず肩の力が抜けました。
俯いていたら、見えるものだって見えなくなってしまうや。

f:id:koucredo:20180401165644j:plain

願わくは花のもとにて

結局その日は、ちょっとした冒険をして帰りました。
白い月に向かってペダルをこいで。

f:id:koucredo:20180401165923j:plain

後ろ髪を引かれるように、何度も何度も振り返りました。

f:id:koucredo:20180401165836j:plain

ぽっかりとまあるい月も、グラデーションに染まる空の美しさも、きっと忘れないと思います。
佐保の桜に、少しだけ背中を押されながら、私は家路についたのでした。

「願わくは花のもとにて」と古にうたったひとがいます。
その気持ちはとても分かる。
でも、私はもっと、何回でも、見てみたいよ。
負けそうでくじけてて、悔しくて。
弱虫で隙間だらけのココロに、花が咲きました。
花にすくわれた、初めての奈良の春の思い出。
また、来年も逢いたいな。
読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:koucredo:20180401170006j:plain

ゆのじ

今週のお題「お花見」