ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

ひとひろ

【トキドキトウキ】お風呂に入ればきっと美人【大和当帰の湯/高取町】

寒い日は、お風呂に入るのが億劫で。
「お風呂が沸きました」のアナウンスにもかぶりをふって、ついつい携帯なんか覗き込んじゃったりして。
でも、あたたかいお湯にカラダを溶かされるたびに、極楽のため息が漏れるのです。
だったら、もっと入りたくなるようなものを用意してみましょうか。

大和当帰の湯/高取町

f:id:koucredo:20180115201210j:plain

トキドキは贅沢なお湯を

 

浅い知識の私にとって、高取町といえば、薬のイメージ。
薬業が盛んで、薬の神様なんかもいたりする。
そんな高取町が発信する入浴剤がこちら。

f:id:koucredo:20180115201402j:plain

見てください、このレトロなパッケージ!
レトロ好きにはたまらない。
きっと入ったら美人になれるはず?
何に効くのか、効能の欄を読んでみましょう……ふむふむ、これだけ書いてあったらめちゃくちゃ元気になれそう!

f:id:koucredo:20180115201445j:plain

「私ここに書いてある症状の半分は持ってるわ」
「うん、分かったから早くお風呂入り?」

f:id:koucredo:20180115201516j:plain

どちらから使おうかな、と悩んで、まずはオレンジの方から。
内容は同じで色だけ違うようです。
綺麗な黄色の粉は、お湯に入れるとしゅわしゅわ。

f:id:koucredo:20180115201539j:plain

f:id:koucredo:20180115201546j:plain

ただようは、ほのかに入浴剤のかほり。 ああ、早く入りたい!
身を清めて、いざ入湯。
肌の上をしゅわしゅわと泡が滑ります。はあ、極楽!
大和当帰エキス配合ですが、入った感じはクセもあまりありません。
ちょっと香りが大和当帰っぽい気もしますが、もう私の頭がトコトントウキだから気のせいかもしれません。
お肌のしっとり具合は、普通のお湯とは違う感じ。
これは回数を重ねるごとに、美人になりそう……

ゆっくりと身体をあたためて、大満足の時間でした。
こちらの「大和当帰の湯」ですが、なんと1袋150円
毎日のお風呂時間をちょっと贅沢にするのに、もってこいのお手軽さですね。
プチギフトにもオススメです!
東急ハンズやロフトなどの量販店でも取り扱いがあるようですので、ぜひぜひ探してみてください。
読んでいただき、ありがとうございました。

▼企画概要はこちら

hitohiro.hatenablog.com

ゆのじ