ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

ひとひろ

【うましもの】「いい塩梅」と「酒は飲んでも」【大阪-なんば・櫛羅&楽彩】

皆さん、お正月で食べすぎた胃腸はそろそろ癒えましたか?
私はまだまだ内臓がびっくりしています。
この年末年始、おいしいお店を発見しちゃったからだと思います。

櫛羅・楽彩/なんば

f:id:koucredo:20180115204702j:plain

なんばで奈良を味わってきました(『櫛羅』忘年会編)

師走のこと。
私は『I am』の葵さん( @a418 )となんばを歩いていました。

a418.hatenablog.com

昨年、大和郡山散歩から結婚式の前撮りまで、大変お世話になりました。
一緒に年を忘れませんかと、店のリンクを投げました。

投げたのが、全部奈良の地酒を飲めるお店でした。
お分かりかとは思いますが、フォトジェニックなお店を私は知らなかったのです。
優しい葵さんは、奈良沼にそっとはまってくれている(と信じている)ので、行きましょう!と言ってくれました。わあい。

というわけでやってまいりました、裏なんば。
千日前の道具屋筋商店街の裏側に、そのお店はあります。
奈良は御所市が誇る千代酒造の直営店『櫛羅』さんです!

www.chiyoshuzo.co.jp

「篠峯」も「櫛羅」も本当に本当においしいお酒なので、日本酒がお好きな方はぜひぜひ飲んでみてください。
奈良のお酒ははなやかで、喉の奥にやわらかく降りていく感じがたまらない!
篠峯がいっぱい並んでる!と飲む前からおおはしゃぎです。

どれを飲もう?と悩む我々から、大将がさらっと希望を聞き出して、ぴったりのお酒を注いでくれました。
「ぴちぴちがいい!」「きりっとしたのがいい!」
そんなふんわりしたリクエストでも、大丈夫。

f:id:koucredo:20180115211224j:plain

お料理もどれもおいしくって。
奈良漬とチーズのハーモニーが、やみつきになる!
おしゃべりに夢中になって、写真が序盤の数枚しか残っていませんが、カウンターの目の前でぐつぐつ煮えるおでんが絶品でした!
変わり種も含めて、たくさん味わってみてくださいね。

f:id:koucredo:20180115211540j:plain

かかしの顔が「しのしのみね」なんですって。かわいい。

なんばで奈良を味わいすぎました(『楽彩』新年会編)

そして、睦月のこと。
今度はにーさんを交えての新年会!
夫婦ともどもお世話になりまして、本当にもう感謝しかないです……

今度はなんばの『楽彩』さんへ。

www.rakusai-namba.com

お豆腐と奈良の日本酒のお店と聞いたら、行くっきゃないでしょう?
湯葉!」「チー奈良!」ときゃっきゃ注文、店員さんからストップされてしまう勢いでした。

f:id:koucredo:20180115212052j:plain

f:id:koucredo:20180115212028j:plain

もうこのなみなみを最後に、写真がぶれぶれのものしか残っていない……
こちらは奈良のありとあらゆる酒蔵のお酒を集めていて、お酒を飲んで奈良巡りができちゃいます。
そして、巡りすぎて私は全力で酔いつぶれました。
本当に本当に、すみませんでした。
今年は反省して、「いい塩梅」と「酒は飲んでも飲まれるな」を胸に刻んでゆきたいと思います。

でもとっても楽しかったのです。
おいしいお酒と、おいしいご飯と、だいすきなひとたちと、だいすきな場所を想いながら。
数奇な縁が巡り、つながって。
こうして杯を交わしていることの不思議さとありがたさを、酔いのさなか、何度も噛みしめました。
葵ちゃん、ありがとう。今年もどうぞ、よろしくね。

裏なんばの立ち飲み屋がアツいと様々なひとは言います。
そんな中に、奈良への熱もじんわりと息づいていました。
奈良へ行く前に、まずは最初のステップを踏んでみませんか?
合言葉は「酒は飲んでも飲まれるな」です。
読んでいただき、ありがとうございました。

▼ うましなら、へべれけこちら

 ゆのじ