ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

ひとひろ

おこもり奈良のすゝめ(2)

日本全国、ぐぐっと冷え込んだ最近。
奈良もご多分にもれず、とっても寒い日が続いています。
こんな日はお外に出るのも億劫。
でも、少しだけお外に気持ちが向くアプリがあります。

f:id:koucredo:20180126141312j:image

おこもり奈良のすゝめ(2)

ひびのこと、の中でも、季節を感じながら過ごしたい。
ずっと抱えている思いです。
季節仕事や行事にも興味があります。
でも、何から始めよう?
正直、今の私は仕事と基本的な生活と、奈良でいっぱいいっぱい。
情報は世界に溢れているから、「季節を感じたい」というのは漠然としすぎています。
そんな私にぴったりだったアプリがこちら。

奈良こよみ

www.kurashikata.com

「奈良こよみ」は「くらしのこよみ」アプリの奈良バージョン。

f:id:koucredo:20180126141543j:image

七十二候にそって、その折々の奈良の魅力的な情報を読むことができるアプリです。
例えば今は「水沢腹堅」と書いて「さわみずこおりつめる」

f:id:koucredo:20180126141529j:image

こんな寒い時期、オススメの光景は御杖村・三峰山の霧氷。
霧氷まつりなどのイベント情報もしっかり載っています。

▼ 実際に行った記事はこちら

hitohiro.hatenablog.com

さらに近くの観光施設や美味しいお店を添えて、締めくくられる文章は、読み口もさらりとしていて読みやすく。
更新も暦に沿ってなので、5日に1度ほど。
読むのが溜まりすぎてしまうこともなく、ほどよいペースで記事が更新されてゆきます。
ちょうど暦が一巡したところなのですが、今後はリライトされていくのかどうか……ひそかに気になるところではあります。

奈良こよみで、季節も奈良も満喫!

おこもりな気分のときも。
アプリの文章をなぞるうちに、なんだかそわそわとしてしまいます。
まだまだ知らない奈良がそこにはあって、手招きしていて。
奈良が気になるけれど、どの糸口から行けば? という方にもぜひダウンロードしていただきたいです。
紹介されている中には難易度の高いものもあるかもしれませんが、「今の」奈良で楽しめる情報が必ずあります。
季節も奈良も、貪欲に。
読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ